この記事ではメンズエステや脱毛サロンでの全身脱毛について解説しています。

全身脱毛というと女性が行うものと思われがちですが、最近は男性からもメンズエステや脱毛サロンでの全身脱毛が注目され始めています。

近頃は青髭が目立ったり胸毛やすね毛が濃いだけでビジネス面や恋愛面で相手からマイナスイメージを持たれることが多くなってきているので、「清潔感」を一番の目的として行う方が多いようです。

この記事ではメンズエステにおける全身脱毛について解説していますので、身体の毛を脱毛して自分の印象を変えたいと考えている方は参考にしてみてください。

メンズエステや脱毛サロンの脱毛方法 

現在、メンズエステや脱毛サロンでは光脱毛と美容電気脱毛(ニードル脱毛)の2種類の脱毛方法が主に用いられており、全身脱毛もこれらの脱毛方法によって行われます。

光脱毛 

光脱毛は現在最もポピュラーとなっている脱毛方法です。

IPL(Intense Pulsed Light)などの機器を使用して、黒色の色素(メラニン色素)のみに反応する複数の波長を含んでいる光を肌に照射することによって毛根にダメージを与えて脱毛します。

光脱毛のメリット

光脱毛は医療機関で主に行われているレーザー脱毛と違って、照射する光の出力が弱いのでほとんど痛みを感じることがなく、ヤケドなどのリスクや肌トラブルを引き起こす危険性もありません。

また、一度に光を広範囲に照射できるので施術時間が短くて済みます。

さらに、光脱毛に使われている光はフォトフェイシャルというフェイシャルエステに使われている光と似ているので、毛穴の引き締め効果が高く肌のキメを整えることができる他、照射した光が肌の奥深くにある線維芽細胞にアプローチして働きを活性化させることによってコラーゲンを再生することができます。

光脱毛のデメリット

光脱毛に使用される光は黒色に色素にのみ反応するものなので、黒色の毛以外は脱毛することができず、色の薄い毛や産毛などにも効果が期待できません。

また、照射する光が弱いことで痛みが軽いことがメリットになっていますが、光を弱めることによって脱毛効果も弱めていますので、脱毛の効果を実感するためには何回か通う必要があります。

光脱毛は永久的な脱毛効果のある脱毛法ではないので、施術から一定の期間が経つと脱毛した部分から産毛が生えてくる可能性があるというデメリットもあります。

美容電気脱毛(ニードル脱毛) 

美容電気脱毛は、毛穴の1つ1つにプローブと呼ばれる針を挿入し、そこに電流を流すことによって発毛組織を破壊して毛を1本1本処理していく脱毛法です。

電気分解作用を利用する電気分解法・高周波によって発生する熱を利用するフラッシュ法・電気分解法とフラッシュ法のいいとこ取りをしたブレンド法という3種類の発毛組織の破壊方法があり、メンズエステでの美容電気脱毛ではブレンド法を採用しているところが多いです。

美容電気脱毛のメリット

他の脱毛法が効果を実感するまでに数回の施術を繰り返さなければならないのに対して、美容電気脱毛は施術を受けた瞬間から脱毛効果を実感することができ、その脱毛効果も永久性を期待することができます。

毛穴を1つ1つ丁寧に処理していくので施術時間は長くなりますが、髭を始めとして胸・腕・脚・腋など光脱毛と同様に全身のどのような部位の脱毛も行うことができます。

美容電気脱毛のデメリット

美容電気脱毛の最大のデメリットは施術時の痛みです。

美容電気脱毛の痛みは、基本的に光脱毛に比べて痛いと言われています。

メンズエステで全身脱毛をするメリット・デメリット 

ここではメンズエステで全身脱毛をすることによるメリットとデメリットについて紹介していきます。

メリット 

時間を有効活用できる

脱毛をすることによってむだ毛を処理する必要がなくなります。全身をまとめて脱毛しておけば毎日処理に充てていた時間を他のことに使える他、処理に必要なカミソリやクリームなどをわざわざ買う必要もなくなります。

まとめて全身を脱毛した方がお得

メンズエステではパーツごとに部分脱毛をしていくよりも、最初からまとめて全身を脱毛した方が料金が安くなる場合が多いです。

自分の見えない場所もしっかりと脱毛することができる

髭や腕・脚などは自分の目で見て自己処理をすることができますが、首や背中などは自分では見えないのでしっかりとした自己処理を行うことができません。

しかし、全身脱毛をすると顔からつま先までキレイにむだ毛を処理することができます。

清潔感が出る

近頃は青髭や胸毛といったむだ毛を嫌う女性が非常に多く、生やしていると「不潔」というレッテルを貼られることもあります。

全身のむだ毛を脱毛しておくと清潔感を手に入れることができ、恋愛面で有利になる他、ビジネス面でも相手から良い印象を持たれやすくなります。

デメリット 

費用がかかる

メリットの方ではパーツごとに部分脱毛をしていくよりもお得だと言いましたが、それでも全身を完全に脱毛しようとすると数十万円程度の出費は覚悟しなければなりません。

脱毛をしてもまた生えてくる可能性がある

美容電気脱毛で脱毛を行うと永久脱毛をすることが可能ですが、現在最もポピュラーとなっている光脱毛での脱毛ではむだ毛が再生してくる可能性があります。

ただ、再生能力自体は弱くなっていますので脱毛する前のような状態にはなりません。

脱毛中は日焼けができない

光脱毛は黒い色に反応するので肌が日焼けをしていると光が肌に反応してヤケドをしてしまうリスクがある他、ヤケドをしなくても効果が出にくくなることが多いです。

実際の料金やメニューは? 

ここでは代表的なメンズエステサロンを例として、実際のメニューや料金がどうなっているのかについて紹介します。

ダンディハウス 

ダンディハウスは全国に約50店舗ある大手メンズエステサロンです。

男の脱毛というメニューがあり、髭・胸・お腹・腕・脚といった気になるむだ毛をしっかりと脱毛することができます。

料金はひげ脱毛が初回限定で1,000円、ボディ体験フルコースが5,000円です。

ダンディハウスの公式サイトはこちら

メンズTBC 

メンズTBCは全国に約40店舗ある大手メンズエステサロンです。

MEN’S TBCスーパー脱毛(美容電気脱毛)とエピラッシュ(美容ライト脱毛)という2種類の脱毛方法を採用しており、顔・髭・胸・腕・脚などを始めとする全身を脱毛することができます。

料金はMEN’S TBCスーパー脱毛が1本100円~で、エピラッシュが4,300円~です。

メンズTBCの公式サイトはこちら

ラ・パルレ 

ラ・パルレは全国に20店舗以上ある大手メンズエステです。

スピード脱毛3Dコースという強力冷却脱毛器を使用した脱毛コースがあり、全身の20カ所ものパーツから最大12カ所を組み合わせて脱毛することができます。

料金はSパーツが単価6,000円、Lパーツが単価12,000円です。

ラ・パルレの公式サイトはこちら

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス) 

リンクスは全国に30店舗以上あるメンズ脱毛専門店です。

ALL全身脱毛というコースがあり、男性専用の脱毛器である「INNOVATION」によって17カ所ものパーツを脱毛することができます。

料金は施術4回保証パスが月々13,000円、施術8回保証パスが21,000円です。

リンクスの公式サイトはこちら

代表的なメンズエステの脱毛に関するメニューの紹介は以上です。

メニューや料金は変更になっている場合がありますので、各店のサイトで最新情報をご確認ください。

また、お得なキャンペーン等が行われている場合もあります。

まとめ 

ここまでメンズエステにおける全身脱毛について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

むだ毛の量が多かったり、濃かったりすると自己処理を頻繁に行う必要があり、年間で見ると結構な時間をむだ毛処理に充てることになります。

しかし、全身脱毛を行うと煩わしいむだ毛処理から解放される他、清潔感を手に入れることができるので日常生活を送る上で様々なメリットが期待できます。

女の子にモテたいと思っている方や、営業などで様々な人と会う機会が多いビジネスマンの方などには特にオススメです。

なお、当サイトでは、全国1,000店以上のメンズエステを地域別にまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

メンズエステの地域別一覧はこちら